様々ある便秘の種類とは


様々ある便秘の種類とは

便秘とは、「自分で満足のいく排便が出来ない状態」という事が定義としてあります。 5日以上も排便がなかったり、便が硬くなかなか排出をする事が出来ない。排便はあっても、すっきりとしなかったり残便感がある状態を言います。
便秘は、2つの種類に分類をする事が出来ます。
種類と、原因も踏まえてご説明をさせて頂きたいと思います。
◆急性の便秘
・一過性単純性便秘の原因は、生活の変化や食事をきっかけとしておきます。その原因が分かり、改善をする事で治す事が出来ます。
・症候性便秘の原因は、病気がきっかけとなりおきます。急性と言われる病気としては、腸閉塞や腸捻転が挙げられます。
◆慢性の便秘
:常習便秘
腸の機能が低下をして起きる機能性の便秘となります。
細かく分類をすると、3つに分ける事が出来ます。
・結腸性便秘の原因は、結腸の緊張が緩んだせいで、ぜんどう運動が弱くなり便を十分に押し出す事で起こります。
・直腸性の便秘の原因は、結腸や直腸反射が鈍くなる事により、便意を感じなくなり起こります。
・けいれん性の便秘の原因は、精神的ストレスによって腸の運動機能が強くなりすぎて起こります。
:症候性便秘の原因は、大腸ポリープや大腸がんと言った腸内にある便の通過を妨げてしまう病気が発生をした時に起こります。
[注目サイト]
母乳不足・乳腺炎、妊娠中の便秘などに良いと言われているハーブティーをご紹介します → ハーブティー



ページTOPへ